2018.11.6 Tue
3FLIFESTYLE GOODS

それぞれの役割

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

3F濱文様(はまもんよう)です。

 

今日の1枚はこちら。

 


 

松竹梅の絵柄を描いた、飾り扇子をモチーフにした1枚。

てぬぐいの細長い形だから出来る、動きのある配置が空間を引き立てます。

 

 

飾り扇子は、部屋に置く飾り物専用、いわば芸術品として作られたものなので、

能楽や日本舞踊などの芸事で使うことはできないそうです。

 

え…そうなの??

飾れるほどきれいだからこそ舞台映えもするだろうし、むしろ切っても切れないものだと思っていました(^_^;)

 

芸で使われるのは「舞扇(まいおうぎ)」という種類だそうで、

材質は普通の扇子と同じなのですが、投げたり指先で回したりといった舞踊の所作があるため、

扱いやすいように工夫がされているそうです。

糸を使って耐久度を上げていたり、要の部分に重りが仕込まれていたり、

舞姿がよりしなやかで華やかに見えるようになっています。

 

 

扇子を使った芸といえば、落語も忘れてはいけません。

落語の中での扇子はありとあらゆるものに変化します。

蕎麦をたぐる箸、筆、キセル、刀…などなど。扇子を使って「とんとん」という音を出し、噺の効果音に使われることもあります。

 

 

広く活躍の場をもつ扇子。

一口に扇子と言っても、色んな種類と役割があることに驚かされますね。

意外にも飾り扇子と伝統芸能は結びつかなかったですが、この国の大切な伝統文化のひとつであることには変わりありません。

 

てぬぐいの前に本物の扇子を飾って、日本伝統のコラボもおススメですよ。

 

 

絵てぬぐい(飾り扇子 松竹梅) 1,000円+税

てぬぐい額(白木)       7,300円+税

 

 

濱文様

3F | LIFESTYLE GOODS

濱文様

ハマモンヨウ

横浜伝統の「捺染(なっせん)」で染めた和テイストのテキスタイル雑貨のお店です。熊本初出店。てぬぐいをはじめ、ハンカチ、トートバッグなど、四季折々のデザインを楽しめます。COCOSA熊本店だけで購入できる限定アイテムも多数取り揃えており、グッドデザイン賞受賞商品などデザイン性の高さも魅力です。