2018.3.30 Fri
| FASHION GOODS

お花見できるのは誰のおかげ?

こんにちは。

3Fの濱文様(はまもんよう)です。

 
桜もところどころ葉桜になり始めていますが、

今日は、まだまだ桜を楽しみたい方におすすめの1枚。

 
染井吉野、八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)、山桜、江戸彼岸(エドヒガン)、大島桜、寒緋桜(カンヒザクラ)、豆桜。

いろんな品種が描かれた贅沢な1枚。

 
あまり聞きなれない名前の桜もあるのですが、

もっとも有名な染井吉野は、江戸彼岸と大島桜の雑種が交雑してできた品種だとか。

 
 
今や世界のいろんな国で桜が見れますが、そのほとんどの品種が日本にあります。

一説では、日本最古の書・古事記に出てくる女神の名が、桜の語源になっているとか。

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」という名で、

富士の頂から種をまき、花を咲かせたことから「さくや」が転じて「さくら」になったと。

 
私たちが今、お花見ができるのも咲耶姫のおかげかもしれませんね(^^)

 
 
絵てぬぐい(てぬ本 桜いろいろ) 1,000円+税

てぬぐい額(白木)        7,300円+税

| FASHION GOODS