2018.4.23 Mon
| FASHION GOODS

うらしまさん、疑問です。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

3Fの濱文様(はまもんよう)です。

 
今日の1枚はこちら。

 
てぬぐい本「うらしまたろう」を広げたものです。

 
「うらしまたろう」

大人になって改めて振り返ってみると、純粋に読めず、賢くなった分いろいろと疑問が湧いてくるのです…(笑)

 
そもそも、何が言いたかったお話なんだろうと…

亀を助けて良いことをしたはずなのに、最後はなぜおじいさんにされてしまったのだろう、とか。

 
決して開けてはいけないという玉手箱を、なぜ乙姫は渡したのだろう、とか。

 
巌谷小波(いわやさざなみ)氏版のお話では、

うらしまたろうは親孝行のため乙姫との愛を裏切り、地上の娘との結婚資金を捻出するために玉手箱をあけてしまうそうです。その裏切った復習ではないかとの説…

 
うーーん…

うらしまたろうの身になって考えると、いろいろと試されている気がしてしまいます(笑)

 
まあ、純粋ではなくなってしまった私の疑問は置いといて、

濱文様の「うらしまたろう」はとても可愛らしいデザインになっています!

 
ほらほら、決して開けてはならない玉手箱も

 
 
開けてしまっておじいさんになった、うらしまたろうも

 
ほっこりする可愛らしさです(*^^*)

 
 
 
てぬぐい本 うらしまたろう 1,000円+税

 

| FASHION GOODS