2018.12.6 Thu
3FLIFESTYLE GOODS

三者三様の美しさ

こんにちは。3Fの濱文様(はまもんよう)です。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

今日の1枚はこちら。

 


 

新たな門出を祝福するように鶴が舞い、松竹梅のモチーフが落ち着きのある雰囲気を醸し出しています。

 


 

松竹梅っていうと、やはりおめでたいイメージですよね。

松、竹、梅…この3つはもともと中国で「歳寒三友(さいかんさんゆう)」という、画題を指すものだったそうです。

画題として日本に伝わったのが平安時代の頃。

まず”松”は常緑樹で1年中枯れず葉をつけており『神が宿る神聖な樹木』と言われ、長寿・不老不死の象徴。

“竹”は多くの根をはり、次々と新芽を出すため、子孫繁栄の象徴。

“梅”は苔が生える程の樹齢となっても、早春に他の花より先駆けて、気高い香りの美しい花を咲かせることから、気高さ・長寿の象徴。

それぞれが素晴らしい意味を持っていることから、松は平安時代、竹は室町時代、梅は江戸時代から,

だんだんと「おめでたいものの象徴」という考え方に変わっていったようです。

 

画題だけで終わらず、吉祥の象徴にしてしまうなんて、なんと素敵な話なんでしょう!

さすが日本!!

松だけより、竹だけより、梅だけより、やっぱり「松竹梅」のおめでたさパワーは絶大な感じがしてきます(笑)

 

美しく、おめでたさがたくさん詰まった1枚です。

飾って新しい年を気持ちよく迎えてみるのもおススメですよ!

今日は横柄でした。

 

ちなみに…

かつてウナギの蒲焼は客の注文を受けてからウナギをさばき、それから焼くので時間がかなりかかったそうで!

ウナギ屋で長時間待たされたことを

「待つ(松)だけ(竹)うめぇ(梅)」と洒落て言ったとか!

 

余談でございました(笑)

 

 

絵てぬぐい(松竹梅と鶴の舞い)  1,000円+税

てぬぐい額(白木)        7,300円+税

濱文様

3F | LIFESTYLE GOODS

濱文様

ハマモンヨウ

横浜伝統の「捺染(なっせん)」で染めた和テイストのテキスタイル雑貨のお店です。熊本初出店。てぬぐいをはじめ、ハンカチ、トートバッグなど、四季折々のデザインを楽しめます。COCOSA熊本店だけで購入できる限定アイテムも多数取り揃えており、グッドデザイン賞受賞商品などデザイン性の高さも魅力です。