2019.1.11 Fri
3FLIFESTYLE GOODS

もう許してあげて!

こんにちは。3Fの濱文様(はまもんよう)です。

 

今日の1枚はこちら。

 


 

パンダが「これでもか!」というぐらいに謝りたおしています!!

よほど謝らなければいけないことがあるのでしょう…(-_-;)

 

 

「あいすみません」ってなんとなく使っていますが、この「あい」ってなんでしょうね?

「あいすまぬ」とか「あいわかった」とか、時代劇で使われているイメージしかないのですが、

そもそも同じ「あい」なのかもわかりません…

ってことで、調べてみました。

 

調べてみると、「あい」は「相」と書くことがわかりました。

「相」は動詞に付いて、語勢や語調を整える効果があるそうです。

言葉の始めに「相」を付けることで、言葉のリズムや発音のしやすさなどの調子を整える意味があったと。

現代語では、改まった時や手紙文などで使われることが多いようです。

 

「すみません」はいろんなシーンで使える言葉なので、

それに応じて語源が少し変わってきますが、

動詞の「済む」に、打消しの助動詞「ぬ」が付いた「すまぬ」の丁寧語「すみませぬ」が原形。

謝罪の意としては「失礼なことをしてしまい、自分の心が澄みきらない」ことを表しているそうです。

 

その「すみません」の頭に「相」が付いて、

「相済みません=大変申し訳ない」ということになるわけですね。

 


涙と汗の結晶が水たまりになっていて

謝罪の気持ちが痛いほど伝わってくるじゃあないですか!!

 

しかし!注意も必要です。

 

昔はビジネスシーンでも「あいすみません」が謝罪する時に使われていたようですが、

言葉は時代によって変わっていくもの。

現在では、目上の方に謝罪する時には「すみません」という言葉は避けた方がよいというマナーもあるため、

やはり「申し訳ございません」が適しているでしょうか。

 

謝罪することないことが一番良いですが…(^_^;)

気のおけない間柄の方に謝罪したい時は、

ぜひこちらのハンカチを利用してみて下さいね(^^)

 

 

ひとことはんかち(あいすみません) 500円+税

マグネット棒           2,100円+税

 

濱文様

3F | LIFESTYLE GOODS

濱文様

ハマモンヨウ

横浜伝統の「捺染(なっせん)」で染めた和テイストのテキスタイル雑貨のお店です。熊本初出店。てぬぐいをはじめ、ハンカチ、トートバッグなど、四季折々のデザインを楽しめます。COCOSA熊本店だけで購入できる限定アイテムも多数取り揃えており、グッドデザイン賞受賞商品などデザイン性の高さも魅力です。