2018.2.15 Thu
| FASHION GOODS

幸せを願って☆

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

3Fの濱文様(はまもんよう)です。

 
今日はこちらの1枚です。

可愛い可愛いつるし雛!!

 
つるし雛が始まったのは、江戸時代といわれています。

雛人形はとても高価なもので、裕福ではない一般のお家では、なかなか手に入らないものでした。

でも、生まれてきた子供の幸せを願う気持ちはみんな一緒ですよね。

そこで、お母さんやおばあちゃん、親戚、近所の人たちまで、みんなで小さな人形をつくり、持ち寄って作られたのが始まり。

 
つるし雛は、赤ちゃんの大事なお守りとして飾られ、「衣食住に困らないように」との願いが込められています。

ですから、ただの可愛いお人形というわけではなく、それぞれに異なる意味があります。

よく見てみると、動物やお花、遊び道具、野菜など、いろいろなものが描かれていますね。

 
 
こちらは、本当に数量少なくなってきております。お早目に~!!

 
絵てぬぐい(つるしびな) 1,000円+税

マグネット式てぬぐい棒  2,100円+税

 

| FASHION GOODS