2018.3.12 Mon
| FASHION GOODS

いにしえの人はロマンチック☆

こんにちは。

3Fの濱文様(はまもんよう)です。

 
今日の1枚はこちら。

 
 
こちらは、「雅扇に夢見草」という柄名が付いています。

 
「夢見草(ゆめみぐさ)」って、なにかわかります?

夢を見る草…わかるよーな、わからないよーな…(・.・;)

 
 
 
答えは、桜のこと。

桜にはいくつか異名があり、その中のひとつなのです。

 
夢のように美しくも儚く散ってゆく桜。儚くも夢のように美しく愛おしい桜。

そんな桜をいにしえの人は「夢見草」と呼びました。

なんともロマンチックで風流です。

 
和室に飾るのにぴったりな柄ですよね。

月の淡い光が輝いているのも素敵です。

 
 
絵てぬぐい(雅扇に夢見草) 1,000円+税

てぬぐい額(白木)     7,300円+税

 
 

| FASHION GOODS